ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション終わり

ここから本文です

研修会

「憲法改正研修会」(秋田市)

2014年08月27日

「憲法改正研修会」(秋田市)

党秋田県連主催の「憲法改正研修会」が8月27日、秋田市で開かれました。
わが党所属県議会議員を対象に行われ、礒崎陽輔事務局長と田畑裕明幹事が講師を務めました。
礒崎事務局長は第9条に関連して集団的自衛権について説明しました。今年7月、政府は安全保障法制の整備に関する閣議決定を行い、(1)国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある(2)わが国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないとき(3)必要最小限度の実力を行使する―の3要件を満たした場合に集団的自衛権の行使を認めるとしました。礒崎事務局長は「あくまで閣議決定は議論の始まりであって終わりではない。今後関連法案を提出して国会で議論していく」と強調し、「現行憲法の第9条が許容する範囲の解釈変更を行ったのであり、憲法を改正する必要はない」と述べました。
この日の研修会では、憲法改正推進本部が発行した「日本国憲法改正草案Q&A」に沿って憲法改正草案のポイントについて解説。改憲推進に向けた意識の共有化が図られました。田畑幹事は質疑応答の中で「いろいろな集会の場で憲法改正草案をかみ砕いて説明していただきたい」と出席者に協力を求めました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

研修会

ページトップへ

メニュー