ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション終わり

ここから本文です

研修会

「憲法改正に関する研修会」(松江市)

2015年07月06日

「憲法改正に関する研修会」(松江市)

党島根県連主催の「憲法改正に関する研修会」が7月6日、松江市で開かれ、柴山昌彦幹事が講師を務めました。
冒頭、柴山幹事は「わが国古来の伝統や国柄、自分だけでなく共同体も大切にすることを盛り込んだ、より深みのある憲法にしていかなければならない」と憲法改正の必要性をあらためて強調した上で「日本国憲法改正草案」のポイントなどを解説しました。
このうち、「公共の福祉」を「公益及び公の秩序」と言い換えたことについて柴山幹事は「これまで他人の権利さえ侵さなければ公共の福祉に反しないと拡大解釈されてきた。解釈がよく分からない文言は改めるべき」と理解を求めました。また、草案に新しく設けた緊急事態条項について「同項の定めを持たない憲法は世界的に見て極めて例外的だ」と述べ、国会議員の任期の例外などの問題点を指摘しました。
研修会には県市町村議員など120人が参加。質疑応答では「第9条について党員に分かりやすく説明すべき」などの意見があったほか、前文や選挙制度、公共の福祉について質問が出されました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

研修会

ページトップへ

メニュー