ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション終わり

ここから本文です

研修会

わが党2議員が憲法改正に向けて決意表明(札幌市)

2017年05月03日

わが党2議員が憲法改正に向けて決意表明(札幌市)

憲法改正を訴える集会が5月3日、札幌市で開かれ、わが党の高木宏壽、中村裕之両衆院議員が憲法改正に向けて力強く決意表明しました。
高木議員は「次の70年に向けて新しい憲法の姿を形作る」とした今年のわが党運動方針に触れ、「具体的な改正に向けたアクションの年にしていかなければならない」と強調。「憲法改正に向けた国民運動をしっかり盛り上げていかなければならない」として、参加者にさらなる奮起を促しました。
中村議員も「これから1、2年が勝負だ。発議する側の国会議員の議論も大切だが、国民が関心を持って総意で新しい憲法をつくるという議論が重要」と述べ、国民議論の基盤づくりにも全力を尽くす決意を示しました。
集会にはわが党所属の各級議員を含む市民ら約500人が参加。産経新聞論説委員・政治部編集委員の阿比留瑠比氏による講演が行われたほか、終了後、同市内をパレードしながら憲法改正の必要性を訴えました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

研修会

ページトップへ

メニュー