ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション終わり

ここから本文です

研修会

「全教協『教育研修大会2018』」(千代田区)

2018年08月25日

「全教協『教育研修大会2018』」(千代田区)

一般社団法人教育問題協議会の「教育研究大会2018」が8月25日、党本部で開かれ、岡田直樹党憲法改正推進本部事務局長が「4項目の条文イメージ(たたき台素案)」について説明しました。
このうち第9条1項・2項およびその解釈を維持した上で自衛隊を条文に明記したことについては、「国民の圧倒的多数が自衛隊を支持しているが、自衛隊は合憲だという憲法学者は少ない。中学校のほとんどの教科書で違憲論に触れられており、国会に議席を持つ政党の中にも違憲と主張するものがある」と指摘。「(自衛隊の合憲性をめぐる)長年の神学論争にピリオドを打ちたい」として、出席者に理解を求めました。
また、岡田事務局長は「条文イメージはあくまでたたき台であり、固まっているわけではない」と述べ、衆参の憲法審査会における各党の意見も踏まえ、具体的な条文案の完成を目指すとしました。
全国教育問題協議会は教育問題に関する要望や提言活動などを行っているほか、憲法改正運動にも精力的に取り組んでいます。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

研修会

ページトップへ

メニュー