ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション終わり

ここから本文です

ニュース

国民投票法改正案 参考人質疑で北村経夫議員が質問 参院憲法審査会

2014年05月26日

国民投票法改正案を審議している参院憲法審査会は5月26日、参考人質疑を行い、わが党から北村経夫議員が質問に立ちました。北村議員は国民投票運動における公務員の政治的中立性や労働組合などによる組織的な運動について見解を聞きました。このうち組織的な運動について、小林節慶応義塾大学名誉教授は「憲法改正の投票に関する啓蒙運動は国会、党派の仕事だ。それ以外の組織的運動は冷静な国民の判断を妨げるのではいか」と懸念を表明。小澤隆一東京慈恵医科大学教授は「あくまでも人や政党ではない、規範を選ぶものだ」、井口秀作愛媛大学教授は「おそらく全体の国民投票運動の中の一つにすぎないと思う」とそれぞれ述べ、罰則を科すことに否定的な見解を示しました。

【関連リンク】
国民投票法改正案
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ニュース

ページトップへ

メニュー