ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション終わり

ここから本文です

ニュース

改正国民投票法が成立 参院本会議

2014年06月13日

改正国民投票法は6月13日午前の参院本会議で与野党8党の賛成多数により可決、成立しました。投票権年齢を施行から4年後に「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げるのが柱です。
憲法改正の発議には衆参それぞれの3分の2以上の賛成が必要となりますが、今回の成立により、国会が改正原案を発議した場合、その是非を国民投票で問うことができます。
わが党と公明、民主、維新、みんな、結い、生活、改革の8党は投票権年齢と選挙権年齢を同時に引き下げることを目指しています。今年4月、各党間でプロジェクトチームを設置して検討していくことで合意しており、今後議論を加速させていく方針です。

  • 改正国民投票法が成立 参院本会議
  • 改正国民投票法が成立 参院本会議
【関連リンク】
国民投票法改正案
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ニュース

ページトップへ

メニュー