ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション終わり

ここから本文です

ニュース

「国際法上の自衛権について」
森肇志東大大学院教授を招き勉強会

2017年05月24日

「国際法上の自衛権について」 森肇志東大大学院教授を招き勉強会

憲法改正推進本部は5月24日、東京大学大学院法学政治学研究科教授の森肇志氏を招き、国際法上の自衛権をテーマに勉強会を開きました。
国際法上の自衛権は国連憲章に定められていますが、森氏はその特徴として「(合法かどうか)白黒がはっきりしている部分に加え、グレーゾーンが存在する」と指摘。2011年の米国同時多発テロ以降、武力攻撃の主体が国家だけでなく、テロ集団も認められるという解釈が主張されるなど、憲法に比べ広く解釈される傾向があるとの見解を示しました。
これを踏まえ、9条改正については「国際法上の自衛権を取り巻く環境をどう考慮するかということが重要。グレーゾーンには立ち入らず、国際法上、合法として確立している部分については認めるのも一つの考え方ではないか」と述べました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ニュース

ページトップへ

メニュー