ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション終わり

ここから本文です

ニュース

安倍晋三総裁「党としての案を国会に提案したい」

2017年10月23日

安倍晋三総裁「党としての案を国会に提案したい」

衆院総選挙の勝利から一夜明けた10月23日、安倍晋三総裁は党本部で記者会見に臨みました。
安倍総裁は少子高齢化対策や対北朝鮮政策に国民の支持が得られたと評価したうえで、「強固な連立の下で、選挙戦で約束した政策を一つ一つ実行し、結果を出していく」と力強く決意表明。政権公約に掲げた憲法改正については、「公約に掲げた基本的な考えに沿って具体的な条文案を党内で検討・議論を深め、自民党としての案を国会の憲法審査会に提案したい」と述べました。
一方、実現には衆参各院の総議員の3分の2以上による発議と国民の過半数の賛成が必要であることを踏まえ、「与党・野党にかかわらず、幅広い合意合成を形成するように努力を重ねていく」と強調しました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ニュース

ページトップへ

メニュー