ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション終わり

ここから本文です

ニュース

ニューレジエンスフォーラムからヒアリング

2024年5月21日

ニューレジエンスフォーラムからヒアリング

党憲法改正実現本部は5月21日、民間団体「ニューレジリエンスフォーラム」からヒアリングを行いました。
同団体は感染症や自然社会に強い社会を目指し、医療、経済、自治体、防災・福祉関係の各界代表が発起人となって、令和3年6月に設立。これまでに4度にわたって政府や各党に提言を行っています。
冒頭、三村明夫代表(日本商工会議所名誉会頭)は「明治以降、死者3千人以上の巨大災害が8回発生し、そのたびに幾多の困難を乗り越えてきた。平時から緊急時へと転換できるルールと法整備、それらの根拠規定である憲法に基づく緊急事態条項の創設が強く求められている」と強調。世論調査において憲法改正への理解が高まっている現状を踏まえ、「世論調査(の結果)を真正面から受け止めていただき、速やかに条文起草の段階に入ってほしい」と訴えました。
会合では、4月に岸田文雄総理に手交した第4次提言について説明が行われました。
提言は「感染症、自然災害を打ち返す『耐震構造』社会ではなく、国難をしなやかに受け止め、押し返せるような『免震構造』社会を目指すべき」として、災害対応の統合司令塔の設置や緊急事態対応に関する憲法改正等を要望しました。
緊急事態対応に関する憲法改正については条文案を明記。大規模自然災害等から国民の生命や財産を守るため、総理大臣が緊急事態宣言を発し、緊急政令や緊急財政支出を行うことができるとしました。
これに対し、古屋本部長は「緊急事態対応については、(提言に)共鳴できるところがたくさんあった。憲法審査会で具体的な提案ができるよう、今日の話も参考にしながらしっかり取り組んでいきたい」と応じました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ニュース

ページトップへ

メニュー